COLUMN [KOTANI AGRI]

HOME > COLUMN

「キレイな花からのあるになる話でキレイに!」

魅力ある“なたね油”のお話

1.なたね油の種類

普段料理に使うなたね油は、海外産の菜種を海外で加工し、
国内で販売するケースが多く、価格は安価だが、保存料等少なくないと言う現状です。
反対に少々高価な無添加なたね油は、国内で無農薬で育てられた菜種を、保存料無しで販売!
これは、手間が係る分海外産の“油”とは同じにならず、“安心・安全”も含めた価格になる。


2.なたね油の栄養・効能

主にオレイン酸、aリノレン酸、リノール酸が豊富に含まれ、
βカロチン、ビタミンK、ビタミンEも含まれている。

・動脈硬化や心疾患の予防
オレイン酸は、血中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす為効果がある。

・便秘を解消する効果
オレイン酸は、腸の働きを活性化させる為、効果がある。
つまり、小腸で消化吸収されにくく、大腸まで届き更に腸に刺激を与え、蠕動(ぜんどう)運動を促す。その為腸内で便を柔らかくし、滑りも良くする働きもある。

・骨粗鬆症予防
 ビタミンKが豊富に含まれ、骨折の予防に効果がある栄養素で、治療薬にも使用されている。

4.なたね油の有名産地

国内では、北海道や青森県、秋田県等の東北地方で栽培
海外では、中国、カナダ、インド等が原産国。

5.なたね油の保存方法

直射日光が当たらない場所で保存するのが良い。
つまり日光が当たると、油が温まりそれだけで、傷んでしまうので、
出来るだけ日陰の場所で保管。
ちなみに、無添加のなたね油は保存料を使用しない分、
酸化・劣化が早いので、開封から3ヶ月以内に使い切るのが良い様です。

6.なたね油の魅力の最後に~

何と言っても、どんな料理にも使い易く、
購入しやすい価格(無添加は、それゆえに少々高め)。
炒め物、揚げ物は勿論、サラダのドレッシング等応用もOK!

素晴らしい亜麻仁油(あまにゆ)

はじめに

 亜麻とは、中央アジア原産のアマ科アマ属の一年草で、
通常春から夏の間に小さな青紫色や稀に白色の花を咲かせる。
(我が家では、6月下旬~7月中旬にかけ青紫色の花が咲く)
 亜麻の種子を亜麻仁、種子から採れる油を亜麻仁油と言う。
 亜麻は、比較的寒い地方で栽培され、日本では北海道が最も栽培に適した土地だと言える。
茎の部分は繊維が豊富で、リンネル(リネン)製品となる。
この様に亜麻の繊維は、麻よりも柔らかく丈夫で、通気性・吸湿性に優れており、
肌触りも良く高級な衣類等にも使用される。
 フランス語では、ランと発音され、女性の下着をつくる為の繊維として使われていた事から、
「ランジェリー」と言う言葉は高級繊維を使用した、女性の下着に由来していると、言われる。

 亜麻仁油は食用の他、油絵具のバインダーや木製品、皮革の仕上げとして使用される。
又、卵の代用品としてケーキ等の焼き菓子にも利用され、
卵アレルギーを持つ方やベジタリアン志向の方に好まれている。



亜麻仁油の歴史

 亜麻の歴史は非常に古く、紀元前3000年~2000年頃には、古代エジプトで栽培されていた。古代ギリシャでも亜麻仁油が健康をもたらす物として、認められていたと言う。
 亜麻仁油は、世界最古の健康食品と言われ、古代ギリシャの医学の父と呼ばれた「ヒポクラテス」が、亜麻種子を食べると胃腸の不快が解消されるとし、“亜麻栽培”を推奨した。
 1960年には、日本に亜麻仁油が中国から薬用油として伝わる。
この頃、中国から比較的容易に亜麻種子が入手出来た為国内での栽培は定着しなかった。
 明治初期、トーマス・アンチセルの提言により、当時のロシア特命全権大使である榎本武揚が採繊技術を導入し、北海道での亜麻栽培がスタートした。
しかしこの時栽培目的は、繊維の採取だった為、1960年代の化学繊維の台頭に伴い、1967年を最後に北海道から亜麻は“姿を消したのである。
 しかし近年、亜麻仁油の健康効果が明らかになり、亜麻仁油採取の目的で、亜麻の栽培を再開させた。


亜麻仁油の性質とその成分

 亜麻仁油は、油では珍しく“水と乳化”する事が出来る為、
ケーキ等に使用される卵の代用品として利用されている。
 特に酸化スピードが非常に速い為、一度開封すると短期間で使い切る必要がある。
 又、熱に弱い為、ドレッシングやそのまま味噌汁等に入れ飲んだりと、熱を加えずに使う方がベスト。
 亜麻仁油には、必須脂肪酸のオメガ-3系のa-リノレン酸とオメガ-6系のリノール酸が含まれており、亜麻仁油の約60%はa-リノレン酸だと言われる。これらの成分は、“体内”で合成する事が出来ない為、食品からの摂取が必須とされている。
 a-リノレン酸は、脳や網膜のリン脂質に含まれている成分で、“体内に入ると青魚に含まれている油のDHAやEPAに変換”される。
 血流の改善や血栓の予防、血圧を下げる働きがあり、このa-リノレン酸が不足すると、脳や神経・皮膚等に異常が現れる為、私達人間にとって必要不可欠な成分と言える。
 更には、人間にとってとても大切な“約60兆個の細胞”を守る役割が細胞膜!この細胞膜を健康に保ち、老化を防ぐのが亜麻仁油のa-リノレン酸。そして、生活習慣病の予防やアトピー性皮膚炎の改善にも役立つ。


亜麻仁油に含まれているa-リノレン酸の効果

 ・血管をしなやかにし、血行を改善。
 ・生活習慣病の予防や改善。(コレステロール値や血圧を下げる)
 ・記憶力や学習能力を高める。
 ・美肌効果(皮膚からの水分蒸発や肌荒れ等肌質改善)
 ・アレルギー症状を緩和。

以上がなたね油と亜麻仁油のお話でした!如何でしたか?

“油”の素晴らしさや効能もさることながら、
その“元”になる二つの作物に出会い、作る事の“意味や意義”を誇りに思い、
使命感を大切に持ち続けたい!

「十勝農(みのり)工房」とは?⇒小さな会社から“夢と農業を身近にお届け!!
私達農業者が、“菜種”・“亜麻”を育てて収穫し、
自分達で“油を搾る”これは、正に“安心・安全”の醍醐味!
六次化産業の認定を頂いたのは、一昨年(H25)秋~油を仲間と共に発売する為、試行錯誤の繰り返し…多くの方のお知恵も拝借させて頂きながら、遂にこの夏には形に成ります。
大変お待たせを致しました!

油の発売の際には、HP上で、お知らせさせて頂きます。
お・た・の・し・み・に!!

降雪量・気温と2月〜4月の様子

一月、更別の平均気温

最高気温(℃)-2.9
最低気温(℃)-15.8
降水量(mm)60.8

過去15年間で一番の最低気温

H12年 -25.6℃

年間平均気温

5.5℃

年間降水量

1152.8mm(統計期間 1981年~2010年)

過去15年間の年間降雪量

一番少ないH20年度 99cm 
一番多いH16年度 372cm 

冬の我が家の暮らしと冬仕事

 大雪や吹雪の時は、家でじっとして居りますが、
その他は道路も除雪車ですぐ開くので、買い物も用事足しも車でOK

 1月は、従業員も皆お休みにし、ゆっくり休養を兼ねて冬休みと致しました。

 2月は、まだまだ寒く気温もー20℃前後になる事も~
仕事は、春から秋までの農作業に使う機械を、整備・点検・修理等致します。
おまけは、敷地内の除雪。
大事な仕事、ビートの育苗ハウス内の準備も勿論!
もう一つ農閑期の楽しみは、旅行です。海外・国内問わず見聞を広めたいものですね!

 3月初め、ビートの種が入ったペーパーポットが、ハウス内に敷き詰められ、
4月下旬の畑デビューの時まで成長に寄り添います。
中旬、真っ白な雪に覆われた畑に、融雪剤散布。
字の如く、雪解けを早め来月の春一番作業の為に!

 4月、待ちに待った“土の色”!自然界全てが冬の眠りから目覚め、
春の活動開始!土が乾いて来ると、ライムケーキ・鉄鋼スラグ等蒔きつけに向け、
土壌バランスを整えて整地作業です。“我が家の春”播種の始まり、始まり~


次回は、「キレイな花から実のある身になる話でキレイに!」です♪
菜種と亜麻の油のお話ですよ♪お楽しみに。

てんさい糖は天才?

おなか(腸内)を元気にする!

「てんさい糖」に含まれるオリゴ糖が、腸内のビフィズス菌の栄養源となり、
活性化の手助けをしてくれます

天然のミネラルがお砂糖に!

上白糖は、99%が炭水化物。
しかしてんさい糖には、カリウム、カルシウム、リン等様々なミネラルを含みます。

「てんさい」=天才?

作物の名前で「てん菜・甜菜」と書きます。
見た目は大根の様で、実はほうれん草と同じ“アカザ科”の作物。
ほのかな甘さを持つ野菜で、これが“てんさい糖”の原料!(詳しくは、HP内で~)

北海道産のお砂糖!

原料は、沖縄や鹿児島等の“サトウキビ”が多いのですが、
ここ北海道だけが“てんさい(ビート)”を原料に“てんさい糖”に!

茶色いのはなぜ?

HP内でも書きましたが、てん菜から糖分を抽出し、ろ過し煮詰め、結晶と糖蜜に分けます。
それぞれ乾燥させると、結晶は上白糖・グラニュー糖に。
糖蜜はてんさい糖になり、茶色は“蜜”を含んで高温で乾燥させた“天然”の色なのです!

砂糖の違いは?

まろやかな甘さ・風味とコク・天然のミネラル・オリゴ糖等を含み万能です♪

使い方で、料理上手に!

お料理が上品な甘さに仕上がり、特に煮物や照り焼きにはお勧めです!
コーヒー・紅茶・スイーツ・ヨーグルト等、いつものお砂糖と同様につかっても♪
腸のビフィズス菌を活性化させるオリゴ糖や、身体に欠かせないミネラルを補えます!
これが「てんさい糖」の魅力です!


次回は、冬の気候と生活~そろそろ春に備えての冬仕事について。
北海道は十勝、“更別”よりお届け致します。2月もお楽しみに!

こたに家.png

畑風景.png
美しさと厳しさの冬の日高山脈を背に、落葉木立に抱かれた“畑”積雪は40㎝位~

大豆パワーの魅力と威力

健康と栄養

大豆の特徴は、タンパク質と脂質の割合が多い事!
他の豆類は、炭水化物が主体ですが、大豆の成分は特殊。
この事が“畑の肉”と言われ、豆腐等の加工・採油目的で栽培される理由です。

〈乾燥大豆100g中の栄養分〉
 タンパク質・33.0g
 炭水化物・28.8g
 脂質・21.7g
 水分・11.7g
 灰分・4.8g
 食物繊維・15.9g、エネルギー・433kcal

上記の通り約30%のタンパク質には、
良質の必須アミノ酸がバランス良く含まれます。
又血中コレステロールの低下作用、肥満の改善効果等の生理機能があります。

豊富な栄養素と特有成分

大豆の栄養素には、脂質、炭水化物、食物繊維、カリウム、カルシウム、
マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1、葉酸等が含まれる一方で、
コレステロールは全く含まず、大豆は“自然のバランス栄養食”とも言えます!
又、抗がん作用、骨粗しょう症予防⇒イソフラボン
動脈硬化を抑制⇒大豆サポ二ン
高脂血症予防⇒レシチン
といった効果を期待できる成分も含んでいます。

〈大豆に含まれる特有の成分〉

「大豆タンパク質」身体の構成に欠かせない重要な成分
「大豆イソフラボン」大豆の胚軸に含まれる。植物由来のポリフェノールの一種。女性に人気の成分
「大豆オリゴ糖」ビフイズス菌のえさになる成分
「大豆サポ二ン」大豆の苦み成分
「大豆レシチン」リン脂質の一種で、細胞の全ての細胞膜を構成している主要成分

世界最長寿国、日本

要因の一つには、栄養バランスの良い“日本食”があげられます。
日本人は古くから、米、魚、大豆等を食べ続けて、
つまり大豆を上手く食生活に取り入れて来た事も、現在の長寿に繋がっていると考えられますね。

ハチミツのヒ・ミ・ツ

菜種の開花時期

菜種の花時期は、5月下旬~6月中旬頃です。
気候により年によっては前後しますが、写真の様に“レモン色”が目に鮮やかです!!

どのくらいの数の蜂が仕事をするの?

蜂箱には、約2000匹!
5箱ですと10000匹のミツバチが、我が家の菜種畑でお仕事をしてくれるのです。
しかし、今年は花時期に雨が多く、“ハチさん”達も働くのが大変で、“ハチミツ”は“価格が少し高め”となってしまいました。

純粋なハチミツの特徴

特徴、注意点⇒ ブドウ糖の含有量が多く、果糖が少ない為“結晶”が進みます。
つまり、純度が高いのです。
そしてビンの中で次第に固まりますが、“品質”には何ら問題はありません!

又、結晶を溶かしたい場合、50度位のお湯で“湯せん”しますと、
酵素や栄養分を損なわず、液状に出来ます。

貴重な国産ハチミツをぜひ召し上がってください

現在、“国産ハチミツ”はとても貴重とされています。
菜種を作る当農場としても、是非皆様に口にして頂きたいお薦めの“なたねはちみつ”なのです!
(参考までに=昨年の8月28日に蒔いた菜種のハチミツです。収穫は今年の8月中旬。一年がかりでできたハチミツなのです。)

コラムハチミツ.png

油のお話

亜麻仁オイル

オメガ3とは?

亜麻仁オイルのすごいところ!
●αリノレン酸⇒ゴマの約100倍
●リグナン(植物ポリフェノール)⇒植物油中、含有量トップクラス
●植物繊維⇒ゴマの2倍以上

健康に欠かせない栄養素として話題の「DHA(ドコサヘキサエン酸)」「EPA(エイコサペンタエン酸)」を体内で作りだす手助けをします。
しかも沢山の青魚を食べずとも、スプーン一杯(1日の摂取量の目安)でOK!

健康・美容・若々しさは、私達の願いですね。
是非皆様にも試して頂きたい油の一つです。
とても良い物ですが、難点はデリケートな油なので、加熱調理や空気に触れる事で、酸化が進みます。
そのままか、ドレッシング、又は我が家の様に味噌汁やおかず、麺類にワンプッシュ(トンガリPEボトル等)して、食事もオメガ3も楽しみながら“健康生活”に繋げています^^

・菜種油 キャノーラ品種

「アブラナ」には、グルコシノレートと呼ばれる物質が含まれます。
抽出や粉砕等強い刺激を与えると分解され、ゴイトロジエンに成分が変化する事があります。
この成分は、甲状腺機能の低下を引き起こす事から、
搾油時に生じる搾り粕(油粕)は、家畜飼料ではなく肥料で用いられています。

一方、搾った「菜種油」には、
過剰摂取により心臓に害を及ぼすエルシン酸(不飽和脂肪酸)が多く含まれています。
そこでカナダの農業研究者により、エルシン酸とグルコシノレートを殆んど含まない新品種開発されたのが「キャノーラ品種」。つまり「この品種からの搾油された菜種油」が「キャノーラ油」である。

・遺伝子組み換え作物 GMO

かつて日本の菜種自給率は100%を誇っていましたが、
1971年のナタネ貿易自由化以降、減少の一途をたどり現在は0、1%以下です。

現在、輸入される搾油用ナタネの約90%は、カナダ産のキャノーラ品種。
そのカナダでは、遺伝子組み換えで開発されたキャノーラ品種が主力です。
日本に輸入されるナタネは、区別される事なく扱われる為、遺伝子組み換えとそうでない物が混じっている事になります。

・国産ナタネ=非遺伝子組み換え作物

日本でも、エルシン酸を含まない品種の開発が進められて来ましたが、
これは遺伝子組み換え技術を用いていない事から、
「国産ナタネ」=「非遺伝子組み換え作物」という認識になります。

「アサカノナタネ」(1993年)・「キザキノナタネ」(1994年)は、
国内で育種に成功した初の「無エルシン酸品種」。
これは特に、東北地域(寒冷地)北海道にも適した品種です。
又、温暖地での栽培に適した無エルシン酸品種として開発されたのが、「ななしきぶ」(2001年)です。

更に、2004年「キラリボシ」は、日本初のキャノーラ品種で、寒冷地南部での栽培に適しています。
搾油後の油粕を、肥料より付加価値の高い飼料に利用も出来、「非遺伝子組み換えキャノーラ品種」として、南東北地域で栽培が進められています。


次回は、
「てんさい糖は天才?」
「大豆パワーの魅力と威力」を追求します!

野菜のマメ知識♪

いも

ナス科/一年草/原産地:南アメリカ、ペルーやチリ
花言葉:慈愛、慈善、恩敬

「根」ではなく「地下茎」。
デンプンは「片栗粉」の他、工業用、医療用など(糊料、薬のコーテイング剤)になります。
ビタミンCも豊富でカリウムも含むので、フランスでは「大地のリンゴ」と称されています。

「じゃが」とは、ジャワのジャガトラ(ジャカルタ)から伝播した事からつけられました。
「馬鈴薯」は、形が馬に付ける鈴に似ていたからだそうです。
又本州では一年に2~3回収穫する事から、二度イモ・三度イモとも呼ばれています。

ビート

ヒユ科/多年草/原産地:地中海から西アジア

ビートの花は「風媒花」で小さな黄色の花。
2年生植物で冬を超し2年目に「とう立ち」します。

十勝・網走等中心に、7万haの作付があり
全世界の30% → 甜菜原料 他にサトウキビから黒糖
日本では、約25%→甜菜原料
(ビート一つ 1㎏(概ね)→170gの砂糖)

菜種

アブラナ科/2年生植物
花言葉 小さな幸せ、活発、競争

和名「アブラナ」は、元々「種子から油を採る菜(野菜)」の意味。
日本では、葉物野菜として利用~江戸時代に入り、
行燈用・食用として広く搾油用アブラナが栽培されました。

~次回に向けて~

次回は亜麻仁油と菜種油のお話!
どちらもとっても身体に良いのは勿論、
“オメガ3”・“キャノーラ品種”についても掘り下げてみましょう。
収穫する作物も、始まったばかりの“いも”の他は、“大豆”と“ビート“のみ!
天候に左右されますが、何よりも健康第一に、安全な機械等の作業に一同務めて参りたいと思います!

大豆のマメ知識♪

紀元前4000年以前から、中国の東北部方面で栽培され、日本にも
自生している「ツルマメ」が原種。マメ科。

近年、世界的な健康志向から「ミラクルフード」と、脚光を浴びる。

 ・日本、ドイツ ”畑の肉”
 ・アメリカ   ”大地の黄金”
 ・未成熟の種子 ”枝豆”は、言うまでもありません。

たんぱく質、食物繊維が豊富で、”味噌、納豆、豆腐、きな粉、おから、
ゆば等の加工品は、食生活に欠かせません!
大豆は、優れものです!

小麦のマメ知識♪

イネ科 メソポタミア(現在のイラク)近辺が原産地。
花言葉は
富、裕福(イギリス)
希望、豊作(フランス)
どちらも、その恵み深い収穫から、来ているのですね。

そして、小麦の実は、粉やお酒の材料に成り、パンや麺類、アルコール等に形を変える!
つまり、私達の最も基本的な食卓を支えている作物です♪

ゆめちから2.png


六次産業化について

最近よく聞くようになった「六次産業化」という言葉。
これは農業や水産業等の第一次産業が、
食品加工・流通、販売にも業務展開している形態の事をいいます。
又、この様な経営の多角化のことです。

第1次産業+第2次産業+第3次産業=6次産業 となります。

六次産業化・地産地消法に基づく事業計画の認定を受けました!

平成25年度 10月31日(第2回認定)
北海道 13(十勝 4)
全国 194(農畜産物関係 170/林産物関係 9/水産物関係 15)


次回は、小麦の収穫の様子等もお話致します!
さあ、小谷家の今年2度目の“繁忙期”天気が良い事を祈って!!予定は、7月下旬から~


12345

コタニアグリ

「夢ある農ing 有限会社コタニアグリ」160ヘクタールの広大な農場。麦・ビート・ジャガイモ・希少な作物の菜種・亜麻を生産。消費者とのつながりを大切にしています。